以外に多い?眼瞼下垂

こんにちは、照屋です。
最近数年ぶりにブログを書いて四苦八苦してます。
今日は雨で湿度が高く過ごしづらい一日ですね。

さて今回は、切開法の眼瞼下垂手術切開法です。
以前に紹介した”切らない眼瞼下垂手術”より効果が確実で、
私がよく手がけている手術の1つです。

眼瞼下垂手術は、色々な意味で患者さんのQOLを改善するために
行っています。

では、症例写真です。

抜糸直後ですね。その割には、比較的落ち着いていますね。
まだまだ腫れと内出血がありますが、心配ありません。
ただ、以前ご紹介した”切らない眼瞼下垂手術”に比べると
ダウンタイムはかなり長いので計画的に施術を受けてくださいね。

皮膚弛緩症(上瞼のたるみ)も切除して二重にしてありますので、
まだ仕上がりではないですがだいぶパッチリと、額のしわも改善して(症例写真では写っていませんが…)若返りました。

2,3カ月後が楽しみです。
腫れがひいてくると、開眼(瞼の開き)がさらによくなってきます。

当院では、手術中に瞼の開き具合を一緒に確認していますので、
術後の結果がある程度予想できますので、安心して施術できますね。

無料カウンセリングとなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。
また、モニター価格もご用意しております。